ゆとりの魔術師-株ブログ-

ゆとりの株式ブログ。短期・スイング投資

損益比率を考えればパフォーマンスは劇的に上がる

ポジションを取るときただ何となく知ってる銘柄や上がりそうな銘柄を買っていないだろうか?

それでも構わないが、もっと合理的なポジションを取った方がいい
パフォーマンスが良くなる

というのは損益比率を考えてポジションを取るということだ
簡単に説明していく

損益比率は1:2以上にする

例えば底値圏でのもみ合いを抜け出した後にエントリーするとして、その場合利益はどの程度取れそうか?リスクはどの程度あるか?を考える

1000円で揉み合っていて1100円になったとする
揉み合いを抜けたから買いたくなるだろう
しかし直近の高値が1200円ならそのラインが抵抗線になるのでそこで上昇が止まる可能性がある

逆に損切りのラインは1000円を割ったときになる

ということは上昇すれば100円の利益、思惑が外れた時は100円の損失ということになる

その損益比率は1:1だ

これでは割に合わないと思わないだろうか?
これならば利益の比率が大きくなりそうな場所でエントリーした方がいい

少なくとも1:2以上になるのが望ましい

このように考えると不用意に高値圏でエントリーしなくなるし、ここを割ったらすぐ逃げないといけないというラインも見えるようになってくる

自ずと割のいいポジションを取れるようになるはずだ